handmade atelier top21

アトリエ UTA 木工部門 水面疑似餌 工房 TOP21 新作ルアーの紹介など気ままに更新しています
MENU
キャット🙀マンの戯言

「オタマンカラー」『デスマスクパロット』

 「ルアーショップSAWA」様に納品する
オリカラの「デスマスクパロット」です。

前回「らとりん」で好評だった7色に光る
「ラメ」を使ってパロットカラーでお願い
と言うのが店長さんのご希望でした。

取り合えず前回と同じ「ダイヤホログラム」
のラメを使用して今回は粒子が細かい物を
使いました。

「パロット」って「オウム」の事ですよね?
オウムの色合いををルアーに見立てる?
誰が考えたんでしょうね?
アメリカの先駆者だと思いますが・・
センス良いですね~

でも・・前から思っていたんです、、
「パロットカラー」・・って本当に
「オウム」に見えるのかな?・・って(笑)

色合いを事を考えれば派手で鮮やかな
オウムを例えるのは正論なのでしょうね。

ご存知のとおり
パロットカラーには
heddohに例える 背中が黒と
basa50に例える 背中が緑とがあります。

かなり普及しているカラーですしビルダーを
志せば必ず吹くカラーと言っても良いですね。

僕は差ほど「パロット」には執着がないので
好んで毎回のようには吹かないので
TOP21のカラーリングでは玉数も少なく
珍しいのではないでしょうか?

ラメに「パロット」を吹くだけでは
既に他のメーカー様も沢山されてますので
真似して吹いても芸がないな~と思って
今回は遊び感覚で
「もしもオウムがデスマスクになったら?」(爆)
と言う感覚で仕上げています。

何故にデスマスクか?と言う
突っ込みはナシという事で(笑)


下地は石膏みたいなラメを使用して薄緑の円で
吹きました。これは歳月が過ぎて劣化した
デスマスクに付着するコケをイメージしてます。
石灰化しているイメージで中央の丸円は
シールマスキングで表現しています。

アイは「オウム」に見える可愛い
「移動動眼」を採用。
見る角度ではオウムに見えたり?
見えなかったり?
・・で面白いカラーだと思います。

下地の「ダイヤホログラム」も贅沢にボティの
全体を包むように使っていますので光り輝いて
とても綺麗に見えますね。

釣れる要素としてブラック下地に腹オレンジで
処理しているのでカラーとして「最高に釣れる」
要素が入っていると思います。

背中もオレンジで蛍光塗料を混ぜているので
発色も視認性も良いですね。
個人的にはとても気に入ってます。

ルアーショップSAWA様には「陰陽魚」も
ご注文頂いております。
コチラのカラーは通常の粒子が大きいラメに
普通のパロットを吹く予定です。

本日最後のウレタンを吹きました。
新しく購入した塗装皮膜3Hの高級ウレタンを
使用しています。

UV硬化と同じ強度があるらしいです。
傷が入り難かったりぶつけたりしても
差ほど痛まないと思われます。

取り合えず買って試して下さいね。
完全に乾燥したらリグを組んで発送します。
GW期間にはお届けできると思います。

ルアーショップSAWA様のオリカラ
よろしくお願いします。

RIMG15195.jpg

該当の記事は見つかりませんでした。