handmade atelier top21

アトリエ UTA 木工部門 水面疑似餌 工房 TOP21 新作ルアーの紹介など気ままに更新しています
MENU
キャット🙀マンの戯言

熱下がりました

 長男の熱平熱まで下がりました~イナビル恐るべしです!!
医学の進歩って本当に凄いですね~新種のウイルスが発見
されるとそれに対応して薬が開発される。そんなお仕事に
従事されている方の日々の努力と研究のお陰ですな~

そんなこんなで工房の方は「パニクッテ」まして(汗)
大分市内は雨続きでしてね。冬場の雨はなかなか乾かない
ので工房内の湿度はMAX状態で塗装ができないんです。

ここ2日は「オタマン」のブランクのペーパー掛けと
「カワセミ」のブランクの下地処理をしていました。
「オタマン」結構数があるので「たかがペーパーを
掛けるだけ」と言っても大変なんですよ~

ブランクの加工は専門の業者さんに依頼しましたが
前後の「ミミ」が付いた状態で届ますのでそれを
ナイフで削って整える仕事があります。

これはブランクをデザインした者が責任持って
担当するように決めてます。

結局は「ライトバウワ~」君が仕上げて僕の工房に
届くのですが最後の微妙なブランクの手直しと
修正や下地処理は僕の担当です。

頭の丸みの食い違いはペーパーで微妙な凹凸を直して
処理しないと駄目なんです。「オタマン」は尻尾の
形もキュートなので結構気を配ります。

「アユース」は柔かいので削りやすい反面凹凸も
発生しやすいんですね。

結構力が要る作業で冬場なのに汗まみれになります。
そんなこんなで仕上がったブランクは↓こんな感じです。
RIMG13964.jpg
木材の中心に針金を付けるんですが目印が無いので
(それぞれ木材が木目が中心に来る仕上がりではない)
ココは経験と感になりますね。
ペンで中心を書いていって定規で正確に測りますが
殆ど目検討で合っています(笑)
長年やっていると知らない間に職人になりますね。

現在工房には「オリカラ」を含めると200個
近くのルアーが入り乱れています。
本当にこんなに量産するのは久し振りですね。

四畳半しかない工房ですがシステマチックに
全ての作業ができるようにしています。
以前は広くて明るい工房が欲しい~と憧れて
いましたが「広ければ良い物ができる」と言う
モノではないと言う気がしますね。

必要な時に工具が体を動かさなくても直ぐ
取れたりスイッチに手が直ぐに届いたり
・・と言う利便性も重要なんですね。


該当の記事は見つかりませんでした。