handmade atelier top21

アトリエ UTA 木工部門 水面疑似餌 工房 TOP21 新作ルアーの紹介など気ままに更新しています
MENU
未分類

MrエアーレギュレーターⅣ・圧力計付

 本日アマゾンから「MrエアーレギュレーターⅣ」が
到着しました。いつものように商品は小さいのですが
過剰梱包と言えるほど大きな箱で送られてきます(汗)

早速開けて見ました~
RIMG13666.jpg

こんな感じですね。今まで使っていたのはMrレギュ
レーターの初代の物で7年ほど前に買った物です。
本当に簡易的な作りの物ですが「ガンプラ」等を
作るモデラーには好評なレギュレーターです。

あまりネットでレビューを書いてないので早速
意見をしてみたいと思います。

僕が使っているコンプレッサーはクレオスのL5です。
コレに装着させると
RIMG13668.jpg
こんな感じになります。

気になった問題点を書いておきます。
先ず
①Mr直付けホルダーをコンプレッサーに取り付けると
振動の音で「ガタガタ」接触音がしてうるさい事です。
案外便利な物かと思って期待していたんですがこれは
期待外れでした。それにコンプレッサーの金具に
取り付けるのが緩いと言うかね。まぁ・・鉄にプラを
無理矢理取り付けるんだから無理もないと思います。
ですから同封された物は使っておりません。
写真は通常の初代レギュレーターのホルダーです。

②Mrホビーのレギュレーターの最大の欠点は
水取りの取替えがイチイチ解体して小瓶から水を
取り除かないといけない事ですね。これが梅雨時期は
僕の工房では湿気が多いので直ぐにタンクがいっぱいに
なって面倒臭いんですね。それにパッキンも弱い。
上部の金具の錆も激しいですね。良さは安さだけです。

③自由自在に圧力調整と書いてますが「この調整は
かなり精密で難しい」と言えます。
僕は通常の塗装は0.1mpa トップコートは0.15mpa
くらいで吹くんですが「エアテックスのコンプレッサー
APC-001」に比べると風量も1/3なので少し重い塗料
では全くエアブラシの役割を果たせません。
ガンプラ程度ならこれでもOKレベルなんですけどね。

結論を言うと
ルアーを作る目的でクレオスの商品を買う場合は
コンプレッサーは「リニアコンプレッサーL10」を
最低でも使いたい所です。「L5」だといずれ物足り
なくなり手放すでしょう。

レギュレターに関しては初代の「Mrレギュレーター」
が一番良いと思われます。エア圧が測れる圧力計の
付いている物は特別必要ないのかな~と
エア圧も最大にしてもⅣは初代より圧が弱い感じです。

Mr商品の良い所も書いておきます。

先ずコンプレッサーの音が小さい事ですね。
これはマンションの深夜作業でも苦情も出ないような
音ですよ。例で言えば熱帯魚用のエアーコンプレッサー
を大きくした感じですかね。
値段は「エアテックスAPC-001」よりは高価です。

息切れしない連続的な空気圧を保てるのも良い点です。
最大の特徴は丸一日でも使用できる事ですね。
「エアテックスAPC-001」はエアを作るまで息切れ
します。タンク付きは別ですけどね。

消費電力が低いのも特徴です。29W
ちなみにエアテックスAPC-001は113Wです
これは消費電力は風力に比例しているような
感じですね。

Mrレギュレ-ターは値段の安さが最大の魅力です。
初代の「レギュレーター」なら量販店で¥2,000-
程度で手に入ります。「エアテックス」の水取りは
最低でも¥10,000-はしますからね。
水の取替えが面倒でない人にはこの簡易レギュレーター
で良いのかも知れません。水取りの性能も悪くありま
せん。ですがエアブラシ近辺にダストとドレインを
取り除けるキャッチャーを設置した方が無難です。

何だかんだイーながら「コンプレッサーL5」は7年
酷使していますが全く壊れません。調子良いです。

この間に「エアテックスAPC-001」は壊れて2回
メーカー修理に出しました。

現在は網でのマスキング塗装やぼかし塗装など
エア圧が小さくて繊細な仕事をする場合のみ
このコンプレッサーは使っています。
ルアーの塗装でも使えなくはないんです。

僕もビルダーを創める際にどれを買って良いか?
分りませんでしたのでね。本格的に塗装をすると
「エアテックスAPC-001」でも物足りなくなります。
最低でも30リットルの風圧がある物でないと
ラメカラーや蓄光塗料などを吹くのは厳しいからです。

色々書きましたが・・・
今回の買い物は失敗でした。
まぁ・・折角買ったので壊れるまで使いますが・・
参考になるレビューが探してもネットに見当たらない
ので買って試さないと分らない・・と言う感じでした。
購入される予定の方に参考になればと思って書きました。

プラモデル塗装の用途であれば素晴らしく良い物だとは
思います。ルアーを作るのにあたっては・・・かな?
と言うレベルです。

ネットで探してこのブログに行き着いた方に少しでも
参考になれば幸いです。

クレオスのエアブラシも色々と買い直しましたが
現役で気に入っている物は下記の2機種です。
RIMG13669.jpg
PS-270 0.2mm
RIMG13670.jpg
PS-269 0.3mm

この2本にはビルダーを創めてからずーっと
お世話になりました。まだエア圧を自分で
調整できなかった頃エアブラシ本体にエアを
減圧させる機能が付いておりこれでどうにか
売り物になれるレベルの物まで作れました。

現在はコンプレッサーもエアブラシも
「エアテックス」の物ばかり多用してますが
使用するカラーが多い場合に「エアテックス」
のコンプレッサーと同時に使えばエアブラシ
5本まで同時使用が可能となります。

それ以外でもカラーを変えるのに一回一回
エアブラシをうがいさせるのが面倒なので
ちょくちょく出動します。

今回エアブラシも全てばらして清掃して
どうにか使えるレベルまでにはなりました。

クレオスは想い出の道具ですからね。
最後の時が来るまで大事に使って行きたいと
思っています。

該当の記事は見つかりませんでした。