handmade atelier top21

アトリエ UTA 木工部門 水面疑似餌 工房 TOP21 新作ルアーの紹介など気ままに更新しています
MENU
未分類

アナログ→デジタル化

 久し振りに「レコードプレーヤー」を購入
しました。「Stanton T.55 USB」です。

現在約1000枚ほど所有してるレコードの
半数がCD化されていない物になります。

CDも同時発売されたが現在は廃盤で
入手が難しいなど物など様々です。

21世紀の「デジタル時代」を迎えましたが
未だにアナログを再生して楽しみたいと言う
要望も根強く人気があり色んなアイテムが
発売されてますね。

アナログ音源やビデオテープをDVD化する
ソフトも沢山発売されています。

今回はその中からレコードプレーヤーに
USB出力端子がありパソコンに取り込んで
CD化できる物を選びました。

購入するに辺りメーカーを色々調べました。
候補に挙がったのは
現在でもレコード針を作っているテクニカ
高級レコードプレーヤーでは有名なデノン
USBプレーヤーの先駆けだったSONYなど
まだまだメーカーは沢山あります。

今回「Stanton T.55 USB」を選んだのは
他の製品と違って割かし高級なMMカート
リッジが標準で付属されている事です。

やはり高級なカートリッジを使ってる所は
ポイントが高いですね。

現在カートリッジを単品で買えばかなりの
値段がします。

他にはプレーヤーの重量感です。レコード
プレーヤーを選ぶのに重量感は外せません。
振動で揺れてしまうような物は駄目です。

他社の商品はボディがプラスティックで
作られていて片手で持ち上がる程度の重さ
のようでした。

結果的に最終的な決め手は値段ですが(汗)
デノン>テクニカ>SONYは価格.comで
調べても¥25,000-前後するようです。

僕が購入した「Stanton T.55 USB」は
楽天で「訳あり処分価格」で¥9,800-
安っ!!(笑)( ゚ Д ゚!)・・・マヂカッァァァ

価格.comの平均でも¥19,800-程度で
売られているのでお買い得でした。

「展示品で小傷があります」と書かれて
ましたが先方の手違いで展示品を売って
しまったらしくて何週間か待たされたが
何故か新品が届けられました。

なんと言う悪運の強さ(爆) (≧▽≦)☆

やっと本日届いたので開封してみました。
う~~ん なかなか格好良いぞ~~

セットして早速レコードに針を落として
みる。息子たちが物珍しく眺めていた。

平成産まれの息子にはレコード盤から
音が出るのが不思議で仕方ないらしい。

最近の子供はレコード盤を見る機会は
殆どないと思いますね。

StantonはDJ用の機器を作る事で知ら
れているメーカーらしいです。

DJ用としてはテクニクスが圧倒的に
有名です。僕はDJには興味がないので
今まで全く接点がありませんでした。

「Stanton T.55 USB」は付属品も
充実しています。

スリップマット←これを単品で購入する
だけでもかなりの値段がしますね。

ダストカバー→カバーは布製でした(汗)
でも刺繍まで入ってましてコストが
掛かってますね。良い感じです。

AUDIO CREATOR LE(デジタル化の
ソフト)これだけでも単品で¥2,500-
程度はします。

付属のソフトは英語で書かれており
少し英語が詳しい人でないと翻訳しな
がら調べて使用方法を把握していくと
かなりの時間がかかりそうです。

その点を除けば満足の行く商品でした。
ベルトドライブと言う形式が少し。。
ですが値段が値段なので仕方ないです。

でも最近の高級レコードプレーヤーは
昔ながらのベルトドライブ方式を採用
しているメーカーが多いようです。

これを考えれば一昔前のように一概に
クオーツ式が絶対に良いとは言えない
のかも知れません。

最後にナガオカのレコードスプレー
(懐かしい~ 笑) と「テクニカ」の
水準器とレコードクリニカなどです。

あっ。。そうそう「スタビライザー」
これが現在では入手が難しいのです。

昔はガラス製で水準器が組み込まれて
いた物などが売られていました。

レコードの反りを押さえたり針飛びを
防止したりするのに使用します。

以前古い釣具を探して色んな都道府県
にお邪魔していた時期がありました。

釣具店も商店街にある店も多いので
ついでに古びた商店街に残っている
まだEPレコードの演歌を取り扱って
いるような古いレコード店などを
探せば今では家電で販売されてない
レコード関連のメンテナンス用品の
珍しいのがゴロゴロ残ってました。

格安の処分価格で売られていたので
僕はこう言うのを集めるのが好きで
ついつい買い込んでしまいました。

僕が収集していた頃はネットが無い
時代でした。高校生の頃くらいから
時代が完全にCDに移行しました。

こう言うレコード関連の商品は二度と
手に入らなくなると思ったんですね。

僕の考えとは裏腹にレコード盤の
人気は現在でも根強く針や備品など
は現在でも入手は可能のようです。

こう言う懐古主義の感覚はオールド
ルアーを集めたりする感覚と通ずる
ものがあるような気がします。

個人的な趣味の話で皆さんの貴重な
時間を費やして頂いてスイマセン。
長文お付き合い有難う御座いました。

黒色でホコリは目立ちますがシックで
良い感じです。

骸骨のようなデザインに惚れた(笑)

部屋の電気を消して聞くとほんのり
とした灯りが妖艶で美しいですね。

回転数はDJ志願じゃないので必要
ないですかね~

比較的新しいメンテナンス用品。
古いのは倉庫にかなりの数を保管
している。

レコードスプレーだけでも20本
近くありますね。こんなに誰が
使うんだろ(爆)

該当の記事は見つかりませんでした。