handmade atelier top21

アトリエ UTA 木工部門 水面疑似餌 工房 TOP21 新作ルアーの紹介など気ままに更新しています
MENU
キャット🙀マンの戯言

イーズンイン

 「らとりん」がまだ乾きません。
パーツも手配してまだ未納の物が
あるのでもうしばらくかかります。
ご迷惑お掛けします。

夜間早朝とも九州はかなり暖かく
なりました。バス釣りもシーズン
インですね。

結局シーズンインまで福袋お届け
出来なくて心苦しいです(激汗)

実は月末からバイトに行ってます。
昨年の末から行っていた所ですが
最近年度末なのか?忙しいので
また仕事のお誘いがかかりました。

今週は毎日の出勤になりそうです。
午前中と午後の合計7時間の仕事
になります。

引越しの手伝いや廃品回収された
廃棄物の仕分けです。

お世辞にも綺麗な仕事ではなくて
かなり重労働です ( ̄▽ ̄;)

もう歳なので仕事の選り好みは
出来ません。仕方ないですね。

廃棄物を見ると世間は不景気だと
言いながらお金持ちは沢山います。

まだ現役で使えそうな家具が多い。
電気製品などは地デジ対応の大型
テレビや冷蔵庫や起動しそうな
パソコンなど数えればキリがあり
ませんね。

一番目に付いたのはゴルフ道具。
コレ中古買取に持って行ったら
高く売れるんじゃ?と言うような
物が多かったです。

釣具も色々と沢山ありましたね。
磯釣りの竿から錆びて朽ち果てた
リール。中でも気になったのが
当事Daiwaが輸入していた
「オールドパル」のボックス。

ボックスは見た目はボロボロです
が・・懐かしいですね~
中にはレーベルのルアーが何個か
ありました(もしhedoon
やオールドダイワのルアーが
入っていたら?・・と心臓が
ドキドキしました(笑))。

先輩に持って帰ってよいか?と
聞きましたが「会社の所有物
だから駄目!!!!!!!!」
って・・

「どうせ捨てるくせに」と思い
ながら処分しました。

こう言う仕事をしてますと結局
エコって?
自然に優しい?って
何なんだろ?
って思えて仕方ありません。

お国の偉い方はまだ使える物を
エコポイントと名目をつけて
買い替えさせて・・

車に至っては税金まで優遇する
始末です。

新聞で大分県の大手地方銀行が
銀行の営業車を全てエコカーに
したと言う記事がありました。

「自然に優しい銀行を目指す」
と名目はそういう事らしい。

そんなのにお金使うなら預金
の金利を引き上げた方が良い
と思うのだが・・

地方の銀行の何台かの営業車
をエコカーにした所で一体
何%のオゾン層が改善?
されて自然に優しいのか?

発展途上国はその何百倍も
汚してるのが実情だ。

たぶん将来は日光や空気にも
税金を取る時代が来るでしょう。

車にせよ。。電化製品にせよ。。
動かなくなるまで使ってこそ
それが一番のエコなんじゃ?
ないでしょうかね?

そんな疑問に縛られながら
毎日仕事をしています。

釣りもいよいよシーズンイン。
春は1年でもビックバスが
釣れやすい最大のチャンスと
言えますね。

今年僕は就職活動もありますし
ルアーの仕事も再開したので
そんなに行けそうにありません。

毎月なるべく1回は釣行して
年末まで合計50匹は捕獲を
したいですね。

今年も釣れたルアーと匹数を
カウントします。

今年のテストには
以下のプロトが入ります。
全て仮名です。
「ポッパー警部パピヨン」
「ドンコン隊長」
「フラットタイガー」
「陰陽魚」

釣果が良い物から調整して
商品化にして行きたいと
思っております。

中でも「ドンコン隊長」は
まだ業界では使用されてない
画期的なシステムが採用され
るルアーです。

「ドンコン隊長」とは?

大分弁で「ドンコンならん!」
の意味はですね~

「どうにもこうにもならない
とき」に使用します(爆)

(例)車がパンクして工具が
車に積んでない場合
「どんこんならん!!!」
と愚痴を言いますね。

大分の人は
「どんこんならんの~~~」
って語尾をのばしますね。

僕はあまり使いませんが
豊後大野市など田舎の方で
使われるようです。

豊後大野市を流れる一級河川の
「大野川」は日本で一番水質が
良い河川です(上流と下流の
水質の差の誤差が少ない)。

地元では「どんこ釣り大会」が
夏休みに催されて賑わいます。

以前会社の仕事で営業に大野川
漁業組合を訪問した際に
「河川を綺麗にするポスター」
を一般応募しておりました。

もうかれこれ15年前です。

僕も書いて協力したのですが
書いたのは「ドンコン隊長」
でした(爆笑)

15年前は戦車のラジコンに
凝ってまして・・
軍隊物がかなり好きでした。

軍隊の階級で色々ゴロ合わせを
して「ドンコン隊長」がゴロが
良いので決めたと記憶してます。

結局提出した絵の方は「佳作」
と言う評価でその年の大会の
看板には採用されませんでした。

川を汚すとドンコが
「ドンコンならん!」と文句を
言うのは洒落が効いてて?
良かったと思ってます。
(作画の内容です)

昨年「ドンコン隊長」の絵を
子供に描いてあげたら事の他
喜んで好評でした(笑)

嫁さんの両親まで隠れた僕の
才能にビックリしてました(爆)
そんなのが才能と言うのか(恥)

子供に好評だったルアーは
今まで販売すると売れるので
このまま絵で留めて置くのも
勿体ないかな~と思いました。

・・って結局は次男から
「ドンコ隊長のルアー作って」
って言われたのがキッカケです。

何かキッカケがないとこんなの
(変なの)作りませんからね。

試作のボディを色々と作った所で
先日福袋のパーツの打ち合わせに
「ライトばうわ~」君が工房に
遊びに来ました。

「ドンコン隊長」のブランクを
見せた所最近彼が考えて作った
パーツをを是非試して欲しいと
僕にサンプルを差し出した。

凡人ではなかなか考えつかない
ような面白い発想でした。

リトリーブで自然に尻尾が動く
リグ(全自動尻尾装置)とでも
言いましょうか?

コレは本当に面白いですよ。。
ご期待下さい!!!







該当の記事は見つかりませんでした。