handmade atelier top21

アトリエ UTA 木工部門 水面疑似餌 工房 TOP21 新作ルアーの紹介など気ままに更新しています
MENU
キャット🙀マンの戯言

福袋リグ組開始しました

 完璧に乾燥した固体からリグ組を
開始しました。こんなに多くの
アイテムを作るのは久し振りです。
実を言うとパーツの下準備だけでも
凄く大変なんですよ。

フラサンやドジョウのプロペラの
穴加工は手作業ですしリグ組の式と
パーツはルアーそれぞれに違います。
取り付けるフックもそうです。

スイムテストの方法もそれぞれに
違いますし色んなアイテムを作ると
本当に能率が悪い仕事になるんです。

ルアーによりそれぞれの箱の多きさ
が違いますし「表紙シール」や「
説明書」も違います。カラー名の
シールも手作業だし・・・うわぁ・・・
(;´∀`)
やなんやらかんやら細々した仕事
が多過ぎて気が狂いそうになります。

まぁ・・年に一回のご奉仕ですから
文句言わず頑張ります(笑)

付属のネックウォーマーは季節が
少し外れて(最近急に暖かくなった
為)しまいしまたが今年の晩秋でも
使って頂ければと思います。

本日新作の「プクプクオタマン」
の3Dブランクのサンプルが届き
ました。

結局「プクプク」から先に発売する
段取りになりそうです。

物凄く可愛いですよ。5時間も
費やしてマスターを削った甲斐が
ありました。

今年これが念願のヒット作になれば
本当に良いのですが・・

お尻をフリフリしてキュートな
動きをするルアーです。

初回生産は50個を予定しています。

最盛期は150~200個近く作って
ましたが就職活動をしながらの
片手間生産ではこの程度の数しか
作れないのが現状です。

例え50個でも僕の知名度と現在の
業界の状況を考えればこれでも多い
くらいではないでしょうか?

これからはこのような生産体制で
しばらく続けて行く形になります。

取扱店も全ての店舗様が在庫を引き
受けてくれる時代ではありません。

店舗販売の優位性に悩んでいる
ショップ様も多いと思います。

僕も店舗販売をしていた頃は
毎日が悩みの種でした。お客様が
来なくても毎月定められた家賃は
払い続けないといけません。

貸店舗の優位性ってなんだろ?
・・って真剣に悩んで・・
結局僕は通販の道を選択しました。

だって商品の情報だけ釣具店で
聞き出して品物は通販で(たかが
何百円か安い店)買うんだもの。

これでは成立しないでしょ?
品物と買い物を通して人と人の
絆が繋がるのが店舗の優位性
だと思うんですよ。

実際に店舗での出会いで釣友に
なったり人の絆を繋いでいけた
事例は沢山あるんですよ。

インターネットの普及(通販)で
店舗に飾って接客して販売する
昔ながらの方法がこれからは成立
しなくなりそうです。

ですから「現在店舗を持って」
営業を続けておられるショップ
様はやはり優秀なんですよ。

僕も後どうしたらよいのか?
模索しながら進めて行きます。

しばらくご迷惑をお掛けましす。
よろしくお願いします。



該当の記事は見つかりませんでした。