handmade atelier top21

アトリエ UTA 木工部門 水面疑似餌 工房 TOP21 新作ルアーの紹介など気ままに更新しています
MENU
未分類

ぷくぷくオタマン

 昨日久し振りに市内の若手ビルダー
「ライトバウワ~」の後藤君と電話で
雑談した

最近は本業の家具作りの仕事の注文が
多いらしく「ルアーを作る暇が無い」
との事でした。

実は
「彼は手作りの家具職人なのです」

釣りに行く暇もないらしい。市内の
トッパーにテスターをお願いして
その方にルアーを預けてるらしい。

時間の合間を見て作った新作として
「ペンシルポッパー」
「ジョンイトミノー」がある。

今年煮詰めて売り物になるレベル
まで持って行ければと思ってます。

一昨年前に「プチばうわ~」と言う
仮名でプロトを密かに作っていた。

「TOP21起死回生の年」
今年はどうにか販売したい。

「久し振りのヒット作になれば」
良いな~と思ったりしてね。

今回は3Dでブランクを作成する。
5時間費やしてマスターを削った。
倣い旋盤だとマスターは硬い木で
なくては駄目らしいのです。

「ナメばうわ~」はプロトを作る
段階でネーミングとタイムリーに
荒川静香さんが金メダルを獲得し
「イナバウワ~」と言う技法が
世間で注目を浴びていました。

初期のプロトはどちらかと言うと
ジムドナリーのルアーみたいな
形でしたね。

「イナバウワ~」の腰の曲線を
背中に持ってきてネーミングに
似合うルアーに仕上げたい。

そんな思いが強くなり尻上がり
のデザインになりました。

尻上がりの曲線のフロントペラ
は先駆者が既に作ってました。

色んな苦情や中傷も頂きました。
ですがファンの方の応援する
温かいお言葉も沢山頂きました。

「僕らは・・
  僕らの形で良いのでは?」
とそう思うようになりました。

「どんなに綺麗な物を作っても
日本のルアーはアメリカのルアー
のコピーに過ぎない。
そんな日本で作られた商品で
お互いを否定しても喧嘩しても
意味がないし仕方がないと思う」

お客様のメールにはそんな事が
書かれてました。

これを読んでこんな風に思って
いる人もいるんだ~と少し気が
楽になりました。

人それぞれルアーに対する
思い入れも好きなメーカーも
違って当然です。

色んな意見があるに違いない。

そんな厳しい世情でリリース
する今年の新作は
「ナメばうわ~スリム」改め
「ぷかぷかオタマン」

仮名「プチばうわ~」改め
「ぷくぷくオタマン」
の2種類。

もう既にブランクは仕上がった。
今年上半期に「ぷかぷか」を
下半期に「ぷくぷく」を
リリースする予定です。

「僕らは僕らの形を追及する」
「ライトバウワ~」君がいつも
工房で口にする言葉だ。

若い人は素直に伸びて欲しい。
微力ながら僕も応援する事に
なるだろう。
























該当の記事は見つかりませんでした。