handmade atelier top21

アトリエ UTA 木工部門 水面疑似餌 工房 TOP21 新作ルアーの紹介など気ままに更新しています
MENU
未分類

福袋の塗装終了

 取り合えず色付は終りました。
マスク缶10缶無くなりました。

1缶7時間防毒能力があるので
節約の為7時間は使用している。

下地の塗装だけでも70時間を
工房で費やした計算になる。

専門の方から言わせると防毒
マスクも顔全体が覆われるもの
で無いと意味がないらしい。

まぁ・・気休めと言うか・・
そんなレベルらしいです。

目も呼吸していますから手や
皮膚からもシンナーは入って
しまいますからね。

そんな事を考えるとつくづく
長く続けられる商売でもない
と思うんですよ。

体が続く限りと言う感じです。
だからルアービルダー1本で
と言うのは非常に不安です。
家族もありますからね。

さて愚痴話はさて置き(笑)

カラー塗装は終りましたが
ウレタンが今からなのです。
(殆どは仕上がっております
らとりんとフラサンのみ)

最低でも4~5回は吹くので
1回に3日間乾燥させても
1~2週間は必要です。

その間に月末(間に合いそう
にもなくなりましたが・・)
の「らとりん」の塗装も同時
に行います。

大変お待たせしています。
「ルアーって簡単には仕上が
らない」と言う事だけご理解
して欲しいのです。

よろしくお願いします。

全国小売店卸の「らとりん」
は2006年に一度50個程度を
作って販売して以来ですから
5年目の発売となります。

その間にも若干個数は客注で
作ったりしておりましたが
新しいブランクで作ったのは
2008の年末に
高知のY・STYLE様の
オリカラが最後になります。

「らとりん」の形はオリカラ
の写真で参考にして下さい。



↑ちなみにコレは
直ぐに完売したらしいです。
かなり手間掛かりました(汗)

「火の玉ぼうや」は僕の作品
ではなくて僕のハンドメの
師匠SW(スナフキンズワール
ド)さんの作品です。

「らとりん」は斜め浮きに
なるラトルルームを追加して
量産モデルとして僕が作り
直したものです。

「火の玉ぼうや」のヒットで
僕の作品が市場に出回る事に
なったのは事実です。

コレが無かったら正直皆さん
と知り合う機会も無かったと
思います。

今の僕は「ハンドメ業界」に
もいないと思います。

まだ無名ですが知名度0では
なくなったと言う感じです。

本当にこの作品には感謝して
います。

ですから「再起動」にあたり
今度こそリリースしよう!!
と言う意欲が高まりました。

全て自分で手削りしました。
ニューブランクは元祖の
「火の玉ぼうや」のボディが
忠実に再現されています。

2004年に「火の玉ぼうや」
は釣行のプロトとして作られ
heddonの「クレイジークロ
ーラー」を3D風にデザイン
したような斬新で可愛らしい
ボディと実釣性能でプロトの
段階で小売店様から多くの
問合せを頂きました。

初めてSWさんからプロトを
見せられた時は衝撃を受け
ました。

直感的にコレは凄い!!!!!と
可愛らしいデザインと手作り
の羽根の派手なクロール。

今でも斬新な感覚を受けたの
を記憶しています。

あれから7年が経過しました。
今でも真夏は色褪せない釣果
が期待できます。

少し時期外れのリリースには
まりますが「TOP21の再起」
にあたり僕も期待しています。

全色5色合計50個のリリース
です。

「フラサン」のように個数が
出回ってないのでまだ持って
ない方が多いようです。

次回はいつ作れるのか?

・・と問われても
正直お約束が出来ません。

内部構造が若干複雑なので
指定の木材でブランクを加工
してくれる業者がいません。
(バルサ材の貼り合わせ加工
だと可能みたいですが・・)

現状では手削りでないと無理
なのです。

就職すれば量産して作るのは
到底適わないと思います。

是非この機会にお買い上げ
頂けますようにお願いします。

該当の記事は見つかりませんでした。