handmade atelier top21

アトリエ UTA 木工部門 水面疑似餌 工房 TOP21 新作ルアーの紹介など気ままに更新しています
MENU
復活!ルアービルダーへの道‼︎

セルロース最強伝説(^^)

20180331131033c35.jpeg

桜満開で春爛漫🌸
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
一年で最高にビックバスが釣れる
シーズンになりましたが…
工房でルアーばかり削ってます💦

再生産予定のシツコイNEOは
合計60本削りました(^^)v
塗装が失敗する恐れもあるので
余分に用意した方が無難(〃ω〃)

昨年のテストでは未塗装verで
40UPを何本か捕獲してます
テスターの方も実績が十分な
商品ですからご安心下さい(^^)

形の良いブランクばかり選別して
綺麗に塗装出来た物を選りすぐり
50個ほど発売しようと思います

今回が2回目の再販になります
初回生産から10年以上経過して
おりますので現在でも通用する
仕様でリリース致します(^^)v

現在のブランクの状況ですが
写真一番奥の列のブランクが
5回のセルロース処理が終了
真ん中が3回で手前が2回です

ラメ仕様にするブランクは
ルアーが重くなり過ぎるので
セルロースのドブ漬け作業は
回数少な目にしています

通常のカラーは5回以上補強
しております( ̄^ ̄)

自分でルアーを作る人なら
5回はやり過ぎでねぇ?
量産を考えると能率も悪く
ルアーも重くなるしƪ(˘⌣˘)ʃ
と言うご意見もあるかと
思います…

が…

ルアー作り始めた頃から
セルロース最強伝説で
やっておりますので…

トップコートをウレタンで
処理するならなおさらです

ウレタンは何れ剥がれます
コレは通常金属に吹く物を
木材に無理に施す訳だから
剥がれても仕方ないですね

最悪ウレタンか剥がれても
ルアーとしての性能を維持
できる事が重要だと考えて
ますから…

1回ほどシャブシャブの
セルロースに浸けて
2回目を原液で処理して
プラサフやウレタンで
補強する方法もありますが
プラサフな肉痩せしますし
ウレタンは結局剥がれます
木材が水分を吸って浮力が
変わると使い物になりません

ですからセルロース最強伝説を
支持して現在に至ります

ブリキ屋根の工房は真夏になると
昼間は暑くて作業が出来ないので
まだ涼しい春の内に今年発売する
ブランクは全て削って置くつもり

現在
○SPOT in Dell Dellを60個
○101を50個
○化けペンbabyを30個
○ケロライザーを60個
全て削り終わってます(^_−)☆
化けペンbabyは追加の木材を
購入したら30個増やします

発売前まで十分にテストして
煮詰めて行かないとですね〜
( ̄^ ̄)ゞ

(ps)
私は室外でセルロースの
ドブ漬け作業をしてますが
以下の事に気をつけてます

○雨の日は☔️作業を中止する事
(湿度が高いと表面が白濁する為)
○直射日光を浴びない事
(膨張して気泡が絡む為)
○シャブシャブのセルロースに
丸一日漬け込みして下地処理して
5回以上は補強する事
○風通しの良い場所で行い
溶剤用のマスクを装着する事

セルロースの粘度は
3(セルロース)対1(シンナー)で
やってます
コレはメーカーにより原液の粘度が
違う為ベストは自分で見つけるしか
ないですね

以前は藤倉応用化工の
セルロースを使用してましたが
現在はユニオンペイントの
環境対応タイプの物を使ってます

今からルアー作りを始める方に
参考までに記載しましたm(_ _)m

















該当の記事は見つかりませんでした。